企業情報

ホーム > 企業情報 > 安定供給 > 生産体制

生産体制

信頼の未来へ向け、東和薬品の生産体制は新たなステージへ。
東和薬品は、大阪工場、岡山工場、山形工場合わせて計85億錠の生産が可能です。
また、安定的な製品の供給に向けて内服剤の生産拠点を3工場に分散、注射剤の生産は免震構造を採用した山形工場に集約し、災害リスクを最小限にとどめるよう努めています。
先進の設備を誇る3工場が、高い品質と安定的な供給を実現し、信頼の未来を支えます。

高い生産能力を備えた3工場による生産体制。

東和薬品は大阪、岡山、山形に生産拠点を設け、安定的に製品を製造できる生産体制を構築。大阪工場は一般製剤の新製品導入を全て担う錠剤技術工場として、岡山工場はカプセル剤、散・顆粒剤をはじめ、多様な製品を扱う量産技術工場として機能。山形工場は固形製剤、無菌製剤とこれらの高活性製剤を扱う総合技術工場として機能しています。

バックアップ体制を構築し、更なる安定供給を実現。

万一災害などでどこかの工場が操業を停止した場合を想定し、各工場では通常2シフト体制を採用。有事の際は、他の2工場で3シフト体制を敷き、通常時の生産能力を確保するなど3工場によるバックアップ体制を構築中です。

高度でクリーンな製造環境をお確かめいただけます。
大阪工場と山形工場は見学ルートを設けた工場です。高度な製造環境のもと、最新鋭のクリーンな製造設備を実際にご覧いただけます。医療関係者の方などに、ジェネリック医薬品の製造環境をお確かめいただくことで、業界全体の信頼性の向上に貢献していきたいと考えています。
工場見学通路

国際標準に準拠した山形工場が、世界に通用する「信頼の品質」を実現します。
山形工場
東和薬品の3工場は、国際標準であるPIC/S GMPに準拠。その中でも山形工場は無菌製剤と固形製剤の一般製剤および高活性製剤の製造に対応した「総合技術工場」です。さらに、照明のオールLED化やCO2排出量の削減など環境に配慮した設備も採用。高い生産能力と環境や人へのやさしさを実現しました。

※GMP:医薬品及び医薬部外品の製造管理及び品質管理の基準

グラビティー方式を採用し効率的な生産を可能に。

生産ラインには、重力落下を利用した「グラビティー方式」を採用。原料を最上階に運び、階下へと製造工程を進めていくことで空気あるいはポンプによる移送が不要。原料の飛散や送液ロスを減らします。


高活性物質の封じ込めに対応した先進の設備を導入。

高活性製剤(抗ガン剤及び微量で薬理活性のある製剤)を製造するため、高活性物質の封じ込めに対応した先進の設備の導入や、製造室の陰圧制御による室外飛散の防止、高機能HEPAフィルタによる大気汚染の防止に取り組んでいます。


災害の被害を最小限に抑え、安定供給体制を確保。

山形工場では、地震の被害を最小限に抑えるため無菌製剤棟に免震構造を、固形製剤棟には制震構造を採用。さらに、地下水・融雪の製造用水への利用や非常用発電設備など、非常時の製造ラインを確保するためにも充分な対策を施しています。




ホーム > 企業情報 > 安定供給 > 生産体制
© Copyright TOWA PHARMACEUTICAL CO.,LTD. All Rights Reserved.