一般の皆様へ
2012年度 グッドデザイン賞を受賞
子どもからお年寄りまで幅広い層の患者さんにより飲みやすく、扱いやすくした「くすりへの工夫」が、くすりに“やさしさ”をデザインしたと評価され、東和薬品の「RACTAB(ラクタブ)技術」は医薬品の製剤技術として初めて、「グッドデザイン賞」(日本デザイン振興会主催)を受賞しました。

グッドデザイン賞ウェブサイト(RACTAB技術受賞の詳細)はこちら>>

水なしでも飲めるくすり(RACTAB技術)


このマークは、水なしでも飲める口腔内崩壊錠をイメージしています。

口の中でとけて、水なしでも飲めるくすりを。東和薬品独自の『RACTAB技術』。

高齢や合併症などで飲みこむ力が弱くなったり、水分摂取を制限されている患者さんにも、飲みやすいくすりをお届けしたい。また、外出先などどこでも必要なときに水なしでも飲めるくすりをつくりたい。
そんな想いから誕生したのが、東和薬品が独自に開発した
『RACTAB(Rapid and Comfortable Tablets)技術』。
「とけやすさ」と「硬さ」という相反する性質を高いレベルで両立させ、水なしでも飲めるくすりをつくることができます。
この技術を使った東和薬品のOD錠(口腔内崩壊錠)は、飲みやすい「とけやすさ」とあつかいやすい「硬さ」を持っています。また、ニガみを包みこむ技術なども採用しているので、口の中でくすりがとけてもニガみを感じにくくなっています。

『RACTAB技術』のヒミツ

粒子への工夫で、水を加えると“すき間”ができる。

RACTAB担当代表メンバー通常の錠剤はくすり(主薬)、糖やデンプンなどの添加剤から作られた粒を強く押し固めて作られています。そのため錠剤の中にすき間はほとんどなく水でとけるのも遅くなっています。
一方、水なしでも服用できるOD錠(口腔内崩壊剤)は、特殊な装置や作り方で錠剤の中にすき間をつくり、水が浸透しやすいようにすることで、早くとけるようになっています。そのため、もろくなりやすくこれまでの錠剤(普通錠)よりも欠けたりしないように取り扱いに注意する必要がありました。
「RACTAB技術」では、通常の錠剤と同じように粒を強く押し固めて作っていますが、その粒に工夫をしています。当社が独自に開発した速崩壊性粒子を用いることで、錠剤内部にはすき間がありませんが、少量の水を加えると錠剤内部にすき間ができ速やかに水が浸透していきます。こうすることで普通錠と同じような取り扱いができますが、唾液だけで速やかにとけやすいOD錠になります。
また、ニガいくすりであってもそのニガみを包みこんだ小さい粒(機能性粒子)と速崩壊性粒子を混ぜることで口の中でとけてもニガくないOD錠にすることもできます。

OD錠(口腔内崩壊錠)の製造技術であるRACTAB技術の説明図です:機能性薬物粒子(主薬含有)と呼ばれるニガみをコーティングで包み込んだ小さい粒子と、速崩壊性粒子(糖類+崩壊剤等)と呼ばれる口の中ですばやくとける粒子を合わせて固めることで、口に含んだ際に速崩壊性粒子が唾液に反応して少し膨らみ、すき間ができることで、錠剤全体が素早くとけてザラつきません。くすりの成分にコーティングを施すことでニガみを感じなくさせたり、甘みや香りを加えてさらに飲みやすくする、錠剤にするときの硬さのバランスを調整できる、湿度への対応ができるなどの特徴があります。
東和薬品のジェネリックの工夫
水なしでも飲めるくすり(RACTAB技術)
ニガみをマスクして飲みやすくする工夫
あつかいやすさの工夫(パッケージへの取り組み)

© Copyright TOWA PHARMACEUTICAL CO.,LTD. All Rights Reserved.