一般の皆様へ
ホーム > 一般の皆様へ | ジェネリック医薬品のご紹介 > 東和薬品のジェネリックの工夫 > あつかいやすさの工夫(パッケージへの取り組み)

あつかいやすさの工夫(パッケージへの取り組み)

どんなくすりか、ひと目でわかる。東和薬品のパッケージへの取り組み。
くすりは病気を治すためのものです。何のくすりかわかりにくくて、飲み方を間違えてしまうなど、正しく飲まないとその効力を発揮することができません。
そこで、東和薬品は、くすりのパッケージにわかりやすいデザインを採用。
例えば、PTPシートの1錠ごとに製品名や成分の含量を表示したり、くすりの作用・目的がわかるようなマークを表示するなど、パッケージの工夫により、患者さんが飲み間違えないように配慮しています。

はじめています。患者さん目線での新しい取り組み。くすりの作用や目的を表示する薬効表示・薬効マーク
くすりの作用や目的を文字や絵記号を使ってパッケージに表示。
患者さんやご家族、介護する方が確認しやすい配慮をしています。

「胃酸を抑えるお薬」「糖尿病用薬」「高血圧症または狭心症のお薬」など実際のくすりの包装への工夫の一例を示す写真
QRコードを使った新しい情報提供

小児用製剤では、患者さん(お子さん)の保護者の方向けにQRコードを使った携帯電話用ホームページで「お薬の味・お薬の上手な飲ませ方」をご紹介するなど、新しい情報発信を試みています。

QRコードの記載されているくすりの包装の一例を示す写真

※ QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です。

東和薬品のジェネリックの工夫
水なしでも飲めるくすり(RACTAB技術)
ニガみをマスクして飲みやすくする工夫
あつかいやすさの工夫(パッケージへの取り組み)

ホーム > 一般の皆様へ | ジェネリック医薬品のご紹介 > 東和薬品のジェネリックの工夫 > あつかいやすさの工夫(パッケージへの取り組み)
© Copyright TOWA PHARMACEUTICAL CO.,LTD. All Rights Reserved.