• 東和のジェネリック
  • 株主・投資家の皆様へ
  • 採用情報
  • 企業情報
  • 医療関係者の皆様へ

東和のジェネリックGENELIC

ジェネリック医薬品のこと

新薬と同じ有効成分、同じ効き目。
それが、ジェネリック医薬品です。

医薬品の種類

医療機関で処方される医療用医薬品には、新薬(先発医薬品)とジェネリック医薬品(後発医薬品)の2種類があります。

医薬品の種類

新薬の特許有効期間とジェネリック医薬品

新薬は、新しい有効成分・使い方が開発されて最初に発売される薬です。
ジェネリック医薬品は、新薬の特許期間などが過ぎた後に他のメーカーから同じ有効成分で、効き目、品質、安全性が新薬と同等であることを条件に、国から承認されている薬です。

新薬の特許有効期間とジェネリック医薬品

「ジェネリック医薬品」と「新薬」の同じところ、違うところ

ジェネリック医薬品と新薬には、有効性や安全性に違いはありませんが、最新の製剤技術により、飲みやすさやあつかいやすさなど、さまざまな工夫を加えたものもあります。

「ジェネリック医薬品」と「新薬」の同じところ、違うところ
ジェネリック医薬品の豆知識
「ジェネリック医薬品」と呼ばれる理由
ジェネリック医薬品の「ジェネリック:generic」とは、英語で「一般的な」という意味を持つ言葉です。ジェネリック医薬品の普及率が高い欧米では、お医者さんが薬を処方する際に、商品名ではなく一般名(generic name)を記載するケースが多く、後発医薬品を「generics:ジェネリック医薬品」と呼んでいます。それが、世界共通の呼称となり、わが国でも「ジェネリック医薬品」と呼ぶようになったのです。