くすりのあしたを考える。東和薬品

東和のジェネリックGENERIC

国内外でのジェネリック医薬品の普及率と取組み

日本でも70%を超える普及率で広く使われています。

ジェネリック医薬品の普及率

ヨーロッパでは、ジェネリック医薬品に変更することが可能な医薬品の市場において70%以上、アメリカは90%以上をジェネリック医薬品が占めています(数量ベース)(※1)。日本におけるジェネリック医薬品のシェアは76.9%(※2)となっています。
しかし、国全体での医療費高騰が財政に及ぼす影響を踏まえ、「医療費抑制に貢献する薬」として注目され、医療費抑制のためにも国の方針としてジェネリックの使用を促進する環境が整ってきています。
※1 厚生労働省 平成29年度ロードマップ検証検討事業報告書より
※2 日本ジェネリック製薬協会調べ:2019年度

米国での普及率 90% |日本での普及率 76.9%
ページトップへ