ハレの日!の春ごはん

焼き鯛とうすいえんどうの炊き込みご飯

焼き鯛とうすいえんどうの炊き込みご飯

エネルギー
340kcal
食塩相当量
1.1g
調理時間
30
たんぱく質
12g
脂質
4g
炭水化物
60.1g
食物繊維
1.2g
コレステロール
22mg

※エネルギー、栄養価は1人分。「日本食品標準成分表2010」をベースに独自の計算値で栄養素の摂取量を算出

レシピを印刷する

おすすめキーワード
主食・おもてなし・たんぱく質・BCAA・EAA・アミノ酸・カリウム・低脂肪・春・通年

通年 春

春が旬の鯛を香ばしく焼いて、生姜味のごはんと和え、彩りにうすいえんどうを合わせます。 香ばしく焼くことで魚の臭みが取れ、また塩分控えめでもおいしくいただけます。 鯛は、脂肪が少なく良質たんぱく質を多く含むことでは、魚類のトップクラス。 消化吸収もいいので子供からお年寄りまでおすすめの一品です。

材料

2人分

1切れ (60g)
えんどう豆(実の部分のみ) 20g
生姜 1かけ
1合

鯛の下味

少々
小さじ1

調味料

だし汁 210cc
大さじ1
小さじ1/4
薄口醤油 小さじ1/2

作り方

1 米は洗いざるに上げ30分おく。  
2 鯛は下味をつけグリルで焼き、骨を取り、身をほぐしておく。
3 えんどう豆は熱湯で茹でておく。
4 生姜は皮をむき千切りにする。
5 炊飯器に1、調味料、4を入れて、通常のごはん同様に炊き上げる。
6 ごはんを蒸らす間に23を入れる。
7 器に盛り付ける。

レシピ一覧に戻る

このページを見た人にこんなレシピもおすすめです。