くすりのあしたを考える。東和薬品

採用情報RECRUIT

わたしたちの仕事

6
工業化の検討
所属
部署
生産本部 山形工場 品質保証部
入社
年度
2008年
卒業
学科
工業系研究科
TOWA PHARMACEUTICAL

Q. 東和薬品に入社を決めた理由を教えてください。

A. 私が入社を決めた理由は、ジェネリック医薬品が人の役に立ち、これからの社会に必要であるということを感じたからです。
私は、当社の会社説明会に参加するまで、ジェネリック医薬品について知りませんでした。しかし、会社説明会がきっかけとなってジェネリック医薬品に関する理解を深めました。仕事というものは、どのような職業でも人の役に立つものですが、ジェネリック医薬品は世の中に対してどのように役に立っているのかが非常に分かりやすいです。この人の役に立つ仕事をしているという実感が日々のモチベーションに繋がり、楽しみながら仕事ができるはずだと考えました。

Q. 東和薬品の他社との違いや魅力(特徴・社風)は何でしょうか?

A. 山形工場は国際標準であるPIC/S GMPに準拠した工場です。この工場では、最新鋭の生産設備を積極的に導入するなど、新しい技術を取り入れ、より良い製品を製造するためのチャレンジが数多く行われています。このような例に見るように、新たな技術に関する情報収集を行い、フットワーク良く挑戦していく姿勢は、技術者としては非常に魅力的な特徴であると考えています。さらに、若手もベテランも関係なく活躍の場を与えられ、挑戦していける雰囲気があることも魅力的であると感じています。
GMP:医薬品及び医薬部外品の製造管理及び品質管理の基準

Q. 所属部署の仕事内容を教えてください。また、役割(仕事内容)を教えてください。

A. 私は、製剤技術本部 生産技術部に所属し、工場の生産技術に関する業務に取り組んでいます。代表的な業務の内容としては、製造スケールの変更、工場間の品目移管および工程中の問題改善です。
具体的には、50kgの錠剤を月2回製造している工程を100kgで月1回の製造に改善する(製造スケールの変更)、大阪・岡山工場で製造している品目を山形で製造できるように製造条件を設定する(工場間の品目移管)といった内容です。
私自身の役割は、上記のようなテーマに関し、試作を行い、データを揃えて製造条件を設定し、実際の製造で上記のような条件の妥当性を検証することです。

Q. 現在の業務について、こだわりや、大切にしている事があれば教えてください。

A. こだわりは、「自分のアイデアで+αを付け足すこと」です。テーマに対して、必ず求められる要件があります。その要件を満たした上で、さらに自分のアイデアで+αの何か改善できることはないかということを意識しながら業務に取り組んでいます。私の実力では+αの改善ができることはまだまだ少ないですが、それでも何かを生み出すことができたときはそのテーマがとても楽しく感じられ、より一層積極的に業務に取り組むことができます。

Q. 就職活動中の学生の皆さんへ、応援メッセージをお願いします。

A. 私自身の経験を踏まえて就職活動中の学生の皆さんに伝えたいことは2つです。
①就職活動は、自身の今までを振り返り、自分の特徴(長所・短所など)を考える良い機会だと思います。自分の特徴を考え認識することは就職活動だけではなく、就職してからの社会生活に役立つはずですので、ぜひ試してみてください。
②個人的には、どの会社に就職するかは会社と自分との「縁」で決まると思っています。「縁」のある会社と出会うのに早い遅いは関係ありません。あせらず自分のペースで「縁」のある会社を見つけてください。

ある日のスケジュール

  • 7:00
    起床。
  • 8:00
    出社。
    元気よく挨拶を交わし、一日の活力とします。そこからメールチェック。
  • 8:30
    朝礼。
    今日一日の工場全体の予定を確認します。
  • 9:00
    メールへの対応が終了。
    大阪工場からの移管品目を対象に、山形工場の生産機を用いて行った試作の結果報告用資料の修正に取り掛かる。
  • 10:00
    山形工場での立ち上げが予定されている品目の必要書類を作成。
  • 12:00
    昼食。
  • 13:00
    午前中の試作の報告用資料を再度修正。
  • 13:30
    製剤技術本部内のグループ別勉強会に参加。
    研究所、大阪工場、岡山工場、山形工場をTV会議システムで繋いで行う。積極的な意見交換を行う。
  • 15:00
    山形工場での立ち上げが予定されている品目の必要書類を作成。
  • 18:00
    研究所、大阪工場、山形工場とのTV会議で、大阪工場からの移管品目を対象に、山形工場の生産機を用いて行った試作の結果を報告。次ステップの条件を打ち合わせる。
  • 19:00
    山形工場のみで引き続き、移管のスケジュールと進捗を確認。
  • 19:30
    一日の業務を上司に報告。明日の業務内容を確認。
  • 19:45
    帰宅。
ページトップへ