くすりのあしたを考える。東和薬品

採用情報RECRUIT

わたしたちの仕事

13
国際業務
所属
部署
国際事業本部 国際部
入社
年度
2009年
卒業
学科
理学系研究科
TOWA PHARMACEUTICAL

Q. 東和薬品に入社を決めた理由を教えてください。

A. 事業を通じて世の中に貢献したいという社長の強く崇高な意志と、付加価値を重視する研究開発方針に共感し、入社を決めました。

Q. 所属部署の仕事内容を教えてください。また、役割(仕事内容)を教えてください。

A. 国際事業本部 国際部では、自社製品の輸出、海外原薬の調達・輸入、製剤導入・委託、海外薬事(海外での品目登録ほか)など、海外と直接関わる業務のほとんどに関与しています。
私の主な仕事は、原薬調達・輸入、製剤導入・委託、海外薬事関連業務です。社内の研究部門など複数の部署と連携しながら、当社の要求事項を正確に海外企業に伝え、理解を得、契約交渉を行います。日々のコミュニケーションや、訪問、電話会議などで先方と協力関係を築きながら、スケジュールどおり業務が進むように社内と海外企業とを繋いでいくのが私の仕事です。

Q. 現在の業務において、やりがい・達成感を感じる瞬間を教えてください。

A. 海外とのやりとりでは、誤解が生じたり、予定通り進まなかったりとうまくいかないことが多々あります。日本の常識では考えられないようなことが起きたり、日本独特の薬事制度をどれだけ説明しても理解、納得を得られないこともあります。そんな中で、相手先と信頼関係を築き、困難を一つ一つ解決し、一つの仕事を成し遂げたときは、達成感もひとしおです。
国際事業本部 国際部の仕事は、幅広い知識と緊密でスピード感のあるコミュニケーションが大切です。そのため、業務に直接関わることだけでなく、広く情報を集め、理解を深め、その上で素早く対応することを心がけています。その結果として、海外のカウンターパートから「いつも対応が早くて助かる」と言われることが、私にとって一番嬉しいことかもしれません。

Q. 将来の夢・目標を教えてください。(仕事・プライベート)

A. あくなき挑戦を続けていくことが私の仕事における、また人生における目標です。新しいことに果敢に挑戦していきたいと思います。
夢は、東和薬品の製品がもっと海外で使われ、「TOWA」の名が海外でも広く認知され、信頼されるブランドになることです。海外事業が東和薬品の一つの柱になるよう、貢献していきたいです。

Q. 就職活動中の学生の皆さんへ、応援メッセージをお願いします。

A. 就職活動は大変ですが、自分がこれまでやってきたことを振り返り、また、将来のことを真剣に考えるいい機会です。興味の有り無しにかかわらず、さまざまな会社や、業界を覗いてみると、新たな発見があるかもしれません。長期戦ですが、真剣に行った就活期間は、経験としても決して無駄にはならないと思います。

ある日のスケジュール

  • 6:20
    起床。
    子供の夜泣き(朝泣き?)で起こされる。
  • 6:55
    出発。
    バス、電車で新聞を読むのが日課。
  • 8:15
    出社。
    PCをつけると、夜の間に海外から送信されたメールが次々と受信される。
  • 8:40
    輸入チームでの朝礼。
    課題、進捗など、今日の仕事内容を確認します。
  • 9:00
    海外からのメール対応。
    優先順位の高いものから順に、速やかに返信。他部署と相談が必要なものは電話、または足を運んでディスカッション。
  • 11:00
    本社会議室で、研究部門との会議。海外企業から得た情報を報告し、今後の対応を協議。
  • 13:10
    昼食後、午前中の会議の議事録作成、あわせて海外企業に送付する英語資料を作成。そろそろインドからのメールが届き始めるころ。
  • 15:00
    依頼された技術文書の英訳をしつつ、次々と届くメールに対応。
  • 16:00
    ヨーロッパの会社と電話会議。
    サマータイムなので、時差が短く早めにスタートできました。
  • 17:30
    席にもどると海外(主にヨーロッパ)からのメールがたまっている。
    重要案件は速やかに対処。
  • 19:00
    帰る準備をしていたところ、緊急の問い合わせメールを台湾から受信。
    研究所へ電話し、回答内容を協議。
  • 19:30
    台湾へ回答メールを送信し、明日すべき仕事内容をまとめてから退社。
ページトップへ