くすりのあしたを考える。東和薬品

企業情報COMPANY

健康経営宣言

当社は東和薬品健康保険組合と連携し、
社員とその家族の健康づくりを重要な経営課題の一つとしてとらえ、
働きやすく活気あふれる職場環境の整備に努めることを宣言します。

東和薬品株式会社
代表取締役社長 吉田 逸郎

当社は、企業理念として
“私達は 人々の健康に貢献します 私達は こころの笑顔を大切にします”と掲げ、優れた製品とサービスを創造することによって人々の健康に貢献し、私達の企業活動を通して、患者さん・医療関係者の皆様・地域社会をはじめとするすべての方々にこころから喜ばれ、求められる企業を目指しています。

そのためには社員一人ひとりが心身ともに健康で、誇りを持っていきいきと働き続けられることが大切です。社員自らが健康について理解し、自身と家族の疾病予防や健康維持・増進に積極的に取り組めるよう、東和薬品健康保険組合と連携し、体と心両面のサポート体制の強化に努めてまいります。

【健康経営の目的】
当社グループでは、社員が当社グループの一員であることに誇りを持って働けるよう、職場の労働環境を整備し、社員のモチベーションや働きやすさの向上を目指すことを目的として、人材戦略の一環として健康経営の推進に取り組んでいます。

【健康経営推進体制】
国内グループ会社の安全衛生担当者が出席し、健康経営推進について協議・情報共有する「全社安全衛生管理委員会 事務局会議」を毎月開催し、年2回は代表取締役社長が出席する「全社安全衛生管理委員会」を開催しています。

【具体的な施策】
・禁煙の取り組み
国内グループ会社全体で、休憩時間も含めた就業時間中の完全禁煙を実施しています。

・ストレスチェック
毎年7月に実施し、保健師による高ストレス者のフォローや、組織分析結果の活用、外部相談窓口サービスを実施しています。また、ストレスチェックにより社員1人あたりのプレゼンティーイズム(※1)を把握し、改善につながる取り組みを行っています。

・社員の健康増進に関する取り組み
全社員を対象にした身体機能測定等を行う社内イベント「TOWA健康チャレンジ」を恒例行事として毎年開催するなど、社員が自身の健康について考え、生活習慣改善のきっかけとなったり、運動習慣(週1~2回運動を行う)の定着につながったりするような取り組みを行っています。

・定期健康診断の受診勧奨及び事後措置
社員の疾病発生予防のため、定期健康診断未受診者には受診勧奨メールを発信し、社員全員の健康診断受診を促しています。また、生活習慣病等の疾病の高リスク者に対して、重症化予防のため保健師から重点的にフォローを行っています。

・有給休暇の取得
全社に向けて有給休暇取得の促進を呼びかけるとともに、取得率が低い部門については管理職に「有給休暇を取得しにくい風土」を変えるための意識改革・マネジメント改革を呼びかけています。さらに取得率が低い方は個人別に計画的な取得を促しています。

【健康経営に関する指標】
2022年度実績値 
・ストレスチェック受検率   :98.1%
・プレゼンティーイズム    :38.8%
・TOWA健康チャレンジ参加率 :79.8%
・運動習慣のある人数の割合  :27.0%
・定期健康診断受診率     :100%
・有給休暇取得率       :66.3%

※1.WHO-HPQの絶対的プレゼンティーイズムを用いた従業員調査を実施。実績値は損失割合を計算し全従業員平均を算出。

ページトップへ