• 東和のジェネリック
  • 株主・投資家の皆様へ
  • 採用情報
  • 企業情報
  • 医療関係者の皆様へ

東和のジェネリックGENERIC

情報提供体制

必要とされる情報を、
必要なときに的確に
お伝えして
高い信頼づくりに
努めています。

医療用医薬品メーカーとしての信頼を得るには、迅速かつ適切に情報を提供することが大切です。
東和薬品は、医療用医薬品を提供するメーカーとしての責任を果たすため、専門知識や倫理観、
コミュニケーション技能などの研修を徹底してきたMRを全国に配置。
ジェネリック業界最多のMR一人ひとりが「医薬品情報の提供・収集」と「医薬品をお届けする業務」を担当しています。
また、24時間365日体制で医療現場からの照会に対応する「学術部DIセンター」や、患者さんに対しては
「くすり相談」を開設しています。
さらには、学会での発表や学術雑誌への論文投稿など、積極的に情報を発信しています。

お問い合わせイメージ

信頼される「人財」を育てる、MR教育研修

MR教育研修イメージ

東和薬品では社員を「人財」と考え、育成することを基本方針としています。特にMRに対しては、MR教育研修要綱に準じて自社独自の教育プログラムを計画。製品に関する「専門的な知識」、生命関連製品を扱う者としての「高い倫理観」、製品の説明やコミュニケーションにおける「技能」の3つの資質について研修を徹底し、医療関係者の皆様から信頼されるMRを目指します。

全国を網羅するジェネリック業界最多のMRネットワーク

MRのネットワーク強化

国内ジェネリック医薬品メーカーで最多を誇るMRは東和薬品の原動力です。その原動力により、医薬品情報の提供・収集・伝達と、安定供給に取り組んでいます。 さらに、診療所から地域の基幹病院、保険薬局まで、さまざまな医療現場のニーズに対応できるよう、MRのネットワーク強化を進めています。

学術部DIセンターによる“無休”の情報提供

学術部DIセンター

迅速で確かな情報提供のため、「学術部DI(ドラッグ・インフォメーション)センター」に医療関係者用の窓口を一元化。夜間や休日にもお問い合わせに対応し、適正使用情報を提供するため、24時間365日体制を敷いています。

患者さんへの「くすり相談」も実施

「くすり相談」の窓口

一般・患者さんに対しては「くすり相談」の窓口を設置。飲み合わせや副作用など、医薬品に関するさまざまな質問事項についてフリーコールでお問い合わせいただけます。患者さんやそのご家族に、製品とともに安心を提供します。

医薬品を安心して使用いただくための積極的な情報発信

積極的な情報発信

東和薬品では、薬を正しく使用していただけるよう、薬の飲み方の説明など、患者さん向けの資材や、お子さんが薬を飲むのを嫌がるご家族の方向けに、水以外の飲食物で苦みを感じにくい組み合わせに関する研究などを行っています。資材や研究結果は、医療機関を通じて、患者さんやそのご家族へ提供されています。

また、医療関係者へ向けた情報として薬剤性の臓器障害で最も多い肝障害リスクを新薬(先発医薬品)と比較できる「T-LEX法®」の試験結果など、医薬品を安心して使用いただくための積極的な情報発信を行っています。