• 東和のジェネリック
  • 株主・投資家の皆様へ
  • 採用情報
  • 企業情報
  • 医療関係者の皆様へ

東和のジェネリックGENERIC

ジェネリック医薬品への取組み

安心・安全なジェネリック医薬品をお届けするための、
原薬からはじめる製品づくり。

東和薬品は、常に患者さんの立場に立った薬づくりをしています。
お薬を飲む人の視点に立てば、効き目だけでなく、飲みやすさ、扱いやすさ、安心感などを提供してくれるお薬のほうが価値があるのではないかと考えています。ジェネリック医薬品は新薬(先発医薬品)より後に発売するお薬だからこそ、今の時代の最新の製剤技術を活かせる。だから、医療現場からのご意見やご要望を伺いながら、製剤工夫を重視した薬づくりを行っています。そういった医療現場からのお声が、東和薬品ならではの「RACTAB技術」の開発などにつながっています。

1.原薬 2.製品開発 3.安定生産 4.情報提供収集
1.原薬
製品づくりに最良の原薬を自らの目で選んでいます
原薬イメージ
原薬からはじめる製品づくり。

東和薬品では、各分野で長年経験を積んだ専門家を擁し、グループ会社の大地化成と合わせて約100人体制で原薬開発に取り組んでいます。
製品個々の特性に合わせて必要に応じ、自社にて合成プロセス(製造方法)を確立し、大地化成や委託先の原薬メーカーで製造することにより高品質な原薬を安定的に調達する体制を構築しています。
また、蓄積されたノウハウをもとに、世界中から高品質な原薬を厳選し、製品づくりに最良の原薬を調達しています。

国の承認を得た原薬 + 当社独自の高い品質基準 = ジェネリック医薬品の原薬として使用

原薬について、さらに詳しく

2. 製品開発
最新の技術・設備を利用して、高品質で価値ある製品を開発しています
製品開発イメージ
“飲みやすく、扱いやすい”製品づくり。

東和薬品では、新薬と有効性・安全性が同等であることはもちろん、最新の技術と設備で、製品の価値を高める研究を行っています。
水なしでも飲める口腔内崩壊錠(OD錠)をもっと飲みやすく、扱いやすくするために、東和独自の「RACTAB(ラクタブ)技術」を開発しました。
また、視認性を高めるための製剤への「製品名印刷」、利便性を高めるための「包装の工夫」等、医療現場でも扱いやすい付加価値製剤の開発に注力しています。

製品開発について、さらに詳しく

3. 安定生産
国際標準に準拠した厳しい基準で安定的に生産しています
安定生産イメージ
安定生産のために3工場による体制を構築中。

東和薬品では、原材料を受入れる段階から医薬品製造・包装に至るまで徹底した品質チェックを行い、国際標準であるPIC/S GMPに準拠した3工場で高品質な製品を安定的に生産しています。
また、リスク管理の一環として、万一災害などでどこかの工場が操業を停止した場合を想定し、通常時の生産能力を確保するなど3工場によるバックアップ体制を構築中です。

※GMP:医薬品及び医薬部外品の製造管理及び品質管理の基準

品質確保への取り組みについて、さらに詳しく

安定供給への取り組みについて、さらに詳しく

4. 情報提供・収集
安心して使用頂けるようさまざまな取り組みを行っています。
情報提供・収集イメージ
適時適切な情報提供とさらなる信頼性向上への取り組み。

ジェネリック医薬品を安心してご使用頂くために、自社製品に関する適正使用情報、自社製品に関連する学術情報などを医療関係者の皆様へ迅速かつ適切に提供できる体制を整えています。
また、製品に関するご要望を直接お聞きすることで、よりよい製品への改良につなげています。 さらに、より安心してジェネリック医薬品をご使用頂くために、さまざまな研究活動を行っています。

情報提供体制について、さらに詳しく