くすりのあしたを考える。東和薬品

東和薬品のジェネリック製品開発

技術と経験を活かして、
より飲みやすく、
扱いやすい製品づくり。

東和薬品では、さまざまな疾患領域をカバーするため750品目以上の医薬品をラインナップ。
「ひとりでも多くの患者さんに役立ちたい」という思いのもと、医療現場からの声やご要望に応えて改良を加え、付加価値のあるジェネリック医薬品を提供しています。
お子様や高齢者でも飲みやすいよう形や味を改良したり、病院や薬局で取り扱いやすいよう、視認性や、光・温度・湿気に対する安定性を向上させるなどの工夫を施しています。

東和薬品独自のRACTAB技術

RACTAB

口腔内崩壊錠(OD錠)のための当社独自の「RACTAB(ラクタブ)技術」。
口の中でとけやすくするため硬度を上げられない、という従来の課題を克服。優れた崩壊性と錠剤硬度の両立を目指しました。

正しく服用いただくための、飲みやすさの工夫

お薬を正しく服用いただくためには、飲みやすさがとても重要です。東和薬品では、飲みやすい製剤の開発に力を入れて取り組んでいます。

  • 水なしでも飲める工夫

    水なしでも飲める工夫

    「口腔内崩壊錠(OD錠)」

    口の中ですばやく溶けるので、水なしでも飲めるようにしています。
  • 苦味を感じにくくする工夫

    苦味を感じにくくする工夫

    「マスキング技術」

    苦味を包み込む技術や味・香りをつける技術などを使って飲みやすくしています。
  • 小型化の工夫

    小型化の工夫

    「成分は同じで小型化」

    錠剤の小型化を行い、飲みやすく扱いやすくしています。
  • ザラつき感を抑える工夫

    ザラつき感を抑える工夫

    「微粒子化」

    粒子を小さな球状にすることで、お薬を飲んだ時のザラつき感を抑えています。
  • 形状を変える工夫

    形状を変える工夫

    「お薬の形状を変える」

    例えば、カプセルを錠剤に、錠剤を内用液にするなど、お薬の飲みやすさを考えて形状を変える工夫をしています。

服用時や医療現場での扱いやすさの工夫

より扱いやすく、正しく服用するために、東和薬品では扱いやすい製剤の開発、包装の工夫に取り組んでいます。

  • 見分けやすくする工夫

    見分けやすくする工夫

    「パッケージを見分けやすく」

    お薬の飲み間違いを防ぐために、見分けやすいパッケージにしています。
  • 分割しても何のお薬かわかる工夫

    分割しても何の薬かわかる工夫

    「錠剤に製薬名を印刷」

    錠剤の割線を認識して、割線の位置に合わせた印刷が可能です。これにより分割後も判読しやすい表示を実現しました。
  • 扱いやすくする工夫

    扱いやすくする工夫

    「光安定性」

    錠剤へのフィルムコーティングや遮光性の高い包装材を採用して、光による製剤の変色や変質を防いでいます。
  • 一包化調剤にも対応できる工夫

    一包化調剤にも対応できる工夫

    「耐湿性」

    一回服用分ごとに薬を分包する一包化調剤は、お薬を取り出す手間をなくしたり、飲み間違いや飲み忘れを減らしたりできます。 この一包化調剤に対応できるように、湿度による品質の低下を防ぐ工夫をしています。
  • システム化に対応した工夫

    システム化に対応した工夫

    「コードの記載」

    調剤業務の効率化、医療事故防止のため、PTPシート1錠毎にGS1コードを表示する取り組みを進めています。

品質への取り組み

ページトップへ