• 東和のジェネリック
  • 株主・投資家の皆様へ
  • 採用情報
  • 企業情報
  • 医療関係者の皆様へ

東和のジェネリックGENERIC

包装デザイン

どんな薬か、ひと目でわかる。
東和薬品のパッケージへの取り組み。

薬は病気を治すためのものです。何の薬かわかりにくくて、飲み方を間違えてしまうなど、正しく飲まないとその効力を発揮することができません。
そこで、東和薬品は、薬のパッケージにわかりやすいデザインを採用。
例えば、PTPシートの1錠ごとに製品名や成分の含量を表示したり、薬の作用・目的がわかるようなマークを表示するなど、パッケージの工夫により、患者さんが飲み間違えないように配慮しています。

薬の作用や目的を表示する薬効表示・薬効マーク

薬の作用や目的を文字や絵記号を使ってパッケージに表示。
患者さんやご家族、介護する方が確認しやすい配慮をしています。

薬効表示・薬効マーク例
QRコードを使った新しい情報提供

小児用製剤では、患者さん(お子さん)の保護者の方向けにQRコードを使った携帯電話用ホームページで「お薬の味・お薬の上手な飲ませ方」をご紹介するなど、新しい情報発信を試みています。
※ QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です。

情報提供の流れ