くすりのあしたを考える。東和薬品

東和薬品のジェネリック包装の取り組み

どんなお薬か、ひと目でわかる。
東和薬品のパッケージへの取り組み。

お薬は病気を治すためのものです。飲み方を間違えてしまうとその効力を発揮することができません。
そこで東和薬品は、どんなお薬か、ひと目でわかるようお薬のパッケージにわかりやすいデザインを採用しています。

お薬の作用や目的を表示する薬効表示・薬効マーク

お薬の作用や目的を文字や絵記号を使ってパッケージに表示。
また、PTPシートには1錠ごとに製品名や成分の含量を表示するなど、患者さんやご家族、介護する方が確認しやすい配慮をしています。

薬効表示・薬効マーク

乳幼児が開けにくいキャップ

乳幼児が開けにくいキャップ

乳幼児の誤飲を防止するため、瓶での処方が想定される製品のキャップには、押しながら回さないと開封できないキャップを採用しています。

製品開発に戻る

ページトップへ