くすりのあしたを考える。東和薬品

東和薬品のジェネリック原薬開発

原薬の研究開発を活かし、
品質の高い原薬を確保。

原薬開発
東和薬品では、原薬研究を積極的に行い、蓄積されたノウハウをもとに、製品づくりに最良な原薬を選定しています。さらに、自社で原薬の製造方法を確立して原薬メーカーで製造することで、原薬を安定的に確保する体制を構築しています。

原薬を安定的に調達する取り組み

原薬を安定的に調達する取り組み
原薬メーカーに対し、さまざまな基準や法令に則った製造がなされているか定期的に調査・確認し、安定的に原薬が調達できるように管理しています。 また、万一原薬の供給が停止した場合でも安定的に調達できるよう、1つの原薬を複数のメーカーから調達する取り組み(複数購買化)を行っています。複数購買できない原薬は、在庫を増やすなどの対応をしています。
さらに、自社で製造方法を確立させた原薬をグループ会社の原薬製造工場で製造したりすることで、さらなる安定確保に向けて取り組んでいます。

自社で合成プロセスや製造方法を確立

自社で合成プロセスや製造方法を確立
東和薬品では、製品個々に最適・最良な合成プロセスや製造方法を確立させるための研究を行っています。また、そのノウハウを蓄積することにより、世界中の信頼できる原薬メーカーから調達した原薬の評価・選定を迅速かつ的確に行うことを可能にしています。原薬の評価には承認規格への適合だけでなく、東和薬品独自の厳しい基準を設けています。

東京大学との共同研究により、製剤化に適した原薬を研究

東京大学との共同研究により、製剤化に適した原薬を研究

東和薬品は、東京大学を拠点とするCOI(Center of Innovation)プログラムに参画し、多品種の医薬品に対して、製剤ごとの原薬の結晶形や粒度などを自由にコントロールするための技術を研究しています。この研究成果は、東和薬品の原薬開発のさらなる発展と、苦みがなくて飲みやすいお薬など、服用される患者さんへやさしい製剤開発につながります。

製品開発

ページトップへ