• 東和のジェネリック
  • 株主・投資家の皆様へ
  • 採用情報
  • 企業情報
  • 医療関係者の皆様へ

プレスリリースINFORMATION

プレスリリース

ピタバスタチンCa・OD錠1mg/2mg「トーワ」およびピタバスタチンCa錠1mg/2mg「トーワ」「家族性高コレステロール血症の小児用法」の追加承認取得のお知らせ

2019年11月13日

 東和薬品株式会社(本社:大阪府門真市、代表取締役社長:吉田逸郎)は、ピタバスタチンCa・OD錠1mg/2mg「トーワ」およびピタバスタチンCa錠1mg/2mg「トーワ」における「家族性高コレステロール血症の小児用法」の追加が本日11月13日付で承認されましたので、お知らせいたします。

 これにより、先発医薬品リバロOD錠1mg/2mgおよびリバロ錠1mg/2mgとの適応不一致が解消され、同様の処方・調剤が可能となりました。

≪改訂内容≫

ピタバスタチンCa・OD錠1mg/2mg「トーワ」

ピタバスタチンCa錠1mg/2mg「トーワ」

効能・効果

(変更なし)

高コレステロール血症、家族性高コレステロール血症

用法・用量

(下線部改訂)

高コレステロール血症

通常、成人にはピタバスタチンカルシウムとして1~2mgを1日1回経口投与する。

なお、年齢、症状により適宜増減し、LDL-コレステロール値の低下が不十分な場合には増量できるが、最大投与量は1日4mgまでとする。

家族性高コレステロール血症

成人:通常、成人にはピタバスタチンカルシウムとして1~2mgを1日1回経口投与する。

なお、年齢、症状により適宜増減し、LDL-コレステロール値の低下が不十分な場合には増量できるが、最大投与量は1日4mgまでとする。

小児:通常、10歳以上の小児にはピタバスタチンカルシウムとして1mg11回経口投与する。

なお、症状により適宜増減し、LDL-コレステロール値の低下が不十分な場合には増量できるが、最大投与量は12mgまでとする。