• 東和のジェネリック
  • 株主・投資家の皆様へ
  • 採用情報
  • 企業情報
  • 医療関係者の皆様へ

プレスリリースINFORMATION

プレスリリース

東和薬品、スペイン・ペンサ社の買収にエステベ社と合意 ~新規市場(海外)への本格的な進出~

2019年12月23日

 東和薬品株式会社(本社:大阪府門真市、代表取締役社長:吉田逸郎)はスペインの大手医薬品メーカーであるコルポラシオン キミコ ファルマスーティカ エステベ社及びエステベ ファーマシューティカル社(本社:スペイン・カタルーニャ州、最高経営責任者(CEO):スタファン・シューベルグ、以下「エステベ社」という)(以下、両社を併せて「エステベグループ」という)から、エステベグループのジェネリック医薬品事業を集約するペンサ インベストメンツ社(本社:スペイン・カタルーニャ州、以下「ペンサ社」という)の全株式を取得し、完全子会社化することについて、エステベグループと合意しました。
 なお、ペンサ社の取得金額は3億2千万ユーロ1※2で金融機関からの借入金および手元資金にて充当します。本件は2020年1月末3に完了を予定しています。

1.本買収の目的と意義

 ペンサ社に集約するエステベグループのジェネリック医薬品事業は、1999年の事業開始以来、欧州にてジェネリック医薬品の研究開発、製造、販売を行っており、独自の製剤技術をもとに受託製造事業も展開しております。また、2009年には米国ブリッケンリッジ ファーマシューティカル社を傘下に入れ、現在20カ国以上で300品目以上のジェネリック医薬品を提供しております。
 東和薬品は、中期経営計画2018-2020「PROACTIVE」として3つの基本方針(①国内ジェネリック事業の確実な成長、②持続的な成長に向けたさらなる製品品質の進化、③新規市場への進出・新規事業の創出)を掲げております。国内においては、総合ジェネリック医薬品メーカーとして安定供給体制の向上、高付加価値を提供できる医薬品開発に注力する一方、海外においては、当社の付加価値製剤の海外市場への提供を目指し様々な機会を模索してまいりました。
 本買収により、欧州複数国に加え米国での販売網を獲得するとともに、欧州における生産拠点を得ることにより、本格的な海外進出を果たすことになります。今後は、当該事業を着実に運営できる盤石なグローバル体制を確立させるとともに、当社の付加価値製剤の欧州・米国市場への提供および更なる新規市場への進出を目指してまいります。
 本買収に当たって東和薬品の代表取締役社長 吉田逸郎は「ペンサ社が有する欧州並びに米国での販売網やEMA・FDA対応をはじめとする各国の規制や商習慣に対応するノウハウ、さらに、欧州に生産設備を得ることにより、本格的な海外進出の礎ができたことを大変うれしく思います。お互いの人材、文化、技術を尊重し、融合することで、盤石なグローバル体制の確立を目指します。世界中の患者さんへ東和薬品の付加価値製剤を提供するために、グループ一丸となって取り組んでまいります」と述べています。
 また、エステベ社の最高経営責任者 スタファン・シューベルグは「東和薬品は、ジェネリック医薬品事業の潜在能力を最大限に引き出してくれる理想的なパートナーだと確信しています。同時に、このオペレーションにより、エステベ社はコアビジネスに集中でき、専門的かつ革新的なグローバル製薬会社へのトランスフォーメーションを加速させることができます」と述べています。

2.東和薬品の概要

会社名

東和薬品株式会社

所在地

大阪府門真市新橋町2番11号

代表者

吉田 逸郎

事業内容

ジェネリック医薬品の製造・販売

資本金

47億1,770万円(2019年3月末現在)

設立

1957年4月

従業員数

3,159名(2019年10月1日現在)

売上高

105,104百万円(2019年3月期)

3.異動する子会社の概要

会社名

Pensa Investments, S.L.

所在地

スペイン カタルーニャ州 バルセロナ

代表者

Albert Esteve Cruella

事業内容

持株会社

資本金

3百万ユーロ(2019年12月20日現在)

設立

2019年12月

大株主及び持株比率

Corporación Químico Farmacéutica Esteve, S.A. 66.65%

Esteve Pharmaceuticals, S.A. 33.35%

売上高4

281百万ユーロ(2019年12月期見込)

総資産4

295百万ユーロ(2019年12月期見込)

純資産4

258百万ユーロ(2019年12月期見込)

東和薬品と当該会社との間の関係
 (2019年12月20日現在)

東和薬品と当該会社との間には、記載すべき資本関係、人的関係、取引関係はありません。また、当社の関係者及び関係会社と当該会社の関係者及び関係会社との間には、特筆すべき取引関係はありません。

4.株式取得の相手先の概要

会社名

Corporación Químico Farmacéutica Esteve, S.A.

所在地

スペイン カタルーニャ州 バルセロナ

代表者

Albert Esteve Cruella

事業内容

持株会社

資本金

3百万ユーロ(2019年12月20日現在)

設立

1986年6月

会社名

Esteve Pharmaceuticals, S.A.

所在地

スペイン カタルーニャ州 バルセロナ

代表者

Albert Esteve Cruella

事業内容

医療用医薬品の開発・製造・販売等

資本金

9百万ユーロ(2019年12月20日現在)

設立

1936年6月

5.取得株式数、取得価額及び取得前後の所有株式の状況

異動前の所有株式数

-株(議決権所有割合:-%)

取得株式数

3百万株

取得価額

320百万ユーロ1※2

異動後の所有株式数

3百万株(議決権所有割合:100%)

6.日 程

取締役会決議日

2019年12月23日

契約締結日

2019年12月23日

株式譲渡実行日※3

2020年1月末(予定)

7.今後の見通し

 本件が2020年3月期連結業績予想に与える影響は、詳細が確定した段階で速やかに公表いたします。

8.その他

 本件の実現に際し、バークレイズ証券株式会社がフィナンシャルアドバイザー、西村あさひ法律事務所がリーガルアドバイザーを務めました。

※1 1ユーロ=121.63円換算で、約389億円に相当
   本買収価格は合意された企業価値であり、取得対価は取引完了時点のペンサ社の財務数値(現金及び現金同等物等、有利子負債)に基づき調整されます。
※2 アドバイザリー費用などの手数料は、競争法手続きに係る費用などが未確定のため記載しておりません。
※3 株式譲渡日については、現時点では暫定的な予定です。各国の関係当局の承認等の手続により、株式譲渡日が変更となる場合があります。
※4 ペンサ社は2019年12月20日設立のため、過去の実績がございません。エステベグループのジェネリック医薬品事業部門に属する複数子会社が本件完了(クロージング)までにペンサ社へ現物出資される予定です。したがって、ペンサ社傘下となる全企業の合計の財務数値(未監査の事業連結ベースの数値)を記載しております。(IFRSベース)

以 上