くすりのあしたを考える。東和薬品

プレスリリースINFORMATION

プレスリリース

ペメトレキセド点滴静注液100mg/500mg「トーワ」の「効能又は効果」「⽤法及び⽤量」追加承認取得のお知らせ

2024年01月31日

 東和薬品株式会社(本社:大阪府門真市、代表取締役社長:吉田逸郎)は、ペメトレキセド点滴静注液100mg/500mg「トーワ」(製造販売元:富士フイルム富山化学株式会社、発売:東和薬品株式会社)の「効能又は効果」「⽤法及び⽤量」の追加が、本日1月31日付で承認されたことをお知らせいたします。

≪追加内容≫
ペメトレキセド点滴静注液100mg/500mg「トーワ」

効能又は効果

(下線部追記)

○悪性胸膜中皮腫

○切除不能な進行・再発の非小細胞肺癌

扁平上皮癌を除く非小細胞肺癌における術前補助療法

⽤法及び⽤量

(下線部追記)

1.悪性胸膜中皮腫

シスプラチンとの併用において、通常、成人にはペメトレキセドとして、1日1回500mg/m2(体表面積)を10分間かけて点滴静注し、少なくとも20日間休薬する。これを1コースとし、投与を繰り返す。なお、患者の状態により適宜減量する。

2.切除不能な進行・再発の非小細胞肺癌

通常、成人にはペメトレキセドとして、1日1回500mg/m2(体表面積)を10分間かけて点滴静注し、少なくとも20日間休薬する。これを1コースとし、投与を繰り返す。なお、患者の状態により適宜減量する。

3.扁平上皮癌を除く非小細胞肺癌における術前補助療法

ニボルマブ(遺伝子組換え)及び白金系抗悪性腫瘍剤との併用において、通常、成人にはペメトレキセドとして、1日1回500mg/m2(体表面積)を10分間かけて点滴静注し、少なくとも20日間休薬する。これを1コースとし、3コースまで投与を繰り返す。なお、患者の状態により適宜減量する。

以上

ページトップへ